研究とSDGsのつながりを知る。TEIKYO SDGs Report 帝京大學の先生たちが行っている研究活動內容がどのようにSDGsとつながっているのかをひも解きます。 研究とSDGsのつながりを知る。TEIKYO SDGs Report 帝京大學の先生たちが行っている研究活動內容がどのようにSDGsとつながっているのかをひも解きます。

kiyotaka Watanabe kiyotaka Watanabe
今回の職員
今回の職員

帝京大學教育學部初等教育學科 
教授

中山京子 先生

今回の先生
どんな先生?

公立小學校、國立大學附屬小學校教諭を経て、京都ノートルダム女子大學で教員養成の仕事を始める。2010年、帝京大學の準教授に就任し、博士學位を取得。以後、現職。教育活動のかたわら、國際理解教育、多文化教育、社會科教育を専門に研究活動を継続している。

WHAT ARE 17GOALS OF SDGs?
WHAT ARE 17GOALS OF SDGs?

「責任」の教育 教育學部の中山ゼミでは、世界的リゾート地として知られるグアムにフォーカスした活動を展開。國際交流はゼミにとどまらず、系列小學校の國際理解の授業にまで発展しました。

中山ゼミではグアムを通して國際理解教育や交流活動を実施

ゼミでは國際交流活動の一環として、グアムの高校生を受け入れ、ゼミ生が日本文化や學生生活の紹介活動を行う。ゼミ生がグアムに行って、彼らの現地の生活を知る機會もある。

ゼミ生が「チャモロダンス」を通してグアムの歴史や文化的背景を伝えるグループを設立

チャモロダンスとは、グアムの先住民であるチャモロの神話や民話、現代の人々の想いをダンスで表現したもの。古い時代の踴りとスペイン統治時代の影響を受けたダンスなどがあり、衣裝も異なる。グアムは日本に侵略された歴史もあり、學生はダンスを通してグアムの歴史や考えを學ぶ。

ゼミ生が小學校教諭になり小學校の國際理解の授業の中でチャモロダンスを取り上げる

帝京大學小學校の教諭となったゼミ生が、小學3年生を対象に、チャモロダンスの披露から文化、言語、音楽など異文化を探究する授業を実施。その際にはゼミ生も小學生の學びをサポート。

チャモロ文化の理解から得た學びを未來に伝える「責任の教育」の好循環が実現

たとえば、途上國から資源を得る先進國には「責任」があり、現代を生きる私たちは未來への「責任」がある。こうした「責任」が示す範囲は広く理解が難しい。中山ゼミのアクションは、まず、グアムの複雑な歴史を學ぶことで國家間や経済関係に隠された「責任」を認識する。そして、學んだ學生が、卒業後に教諭となることで子供たちに「責任」を教育する循環を生んだ。まさに、SDGsを教育の現場で実踐している好例だと言える。

もっと詳しく見る
007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清