國際交流の體制
國際交流の體制

國際化推進室長からのメッセージ

國際化推進室長 西岡淳
國際化推進室長  西岡 淳

社會のグローバル化の進行に伴って、高等教育の國際化もかつてない勢いで進展しています。大學は、國際人材の育成という社會の要請に応えていくことが求められていると同時に、各種の大學ランキングにおいて國際化の度合いが重要な指標として用いられていることに伺えるように、世界で通用する教育內容と研究環境の整備の必要性が、今まで以上に切実な課題となっています。

帝京大學は教育指針において「國際性」を掲げ、教育?研究の國際的広がりを重視し、キャンパスの國際化に取り組んでいます。具體的には、イギリスのダラムおよびロンドンに海外キャンパスを有し、短期?長期の留學プログラムを提供するとともに、世界87の大學と學術交流協定を締結し、多くの大學との間で交換留學を実施しています。短期留學制度の拡充に加えて、昨年度からは提攜大學以外の海外の大學での単位取得のための留學制度も導入しました。また、學部単位での海外留學プログラムとして外國語學部による2年次後期の全員留學(グローバル?キャンパス?プログラム)が2018年度より開始され、経済學部國際経済學科によるアジア諸國での短期?長期研修プログラムもスタートしています。
さらに、キャリアサポートセンターでは海外インターンシップの機會を提供しています。帝京大學は、このように學生の皆さんのさまざまなニーズに合わせた海外留學?體験の機會を充実させています。
また、留學生の受け入れについても積極的に行っています。帝京大學で學ぶ留學生の數は今年度1,000人を超え、留學生の出身國も27カ國に達しました。國際交流アシスタント制度による日本人學生の留學生支援の活動、異文化交流も盛んです。さらに、留學生のための就職支援プログラムの充実にも取り組んでいるところです。

帝京大學は、高等教育のグローバル化の潮流に対応すべく、アジア太平洋地域の大學間の単位互換制度であるUMAPへの參加のほか、大學としての國際貢獻の一環として、國連難民高等弁務官事務所との間で、日本在留の難民やその子弟を八王子キャンパスと宇都宮キャンパスで受け入れていくことをこのほど合意しました。

學生の皆さんと教職員の國際化の推進のためのワンストップ?ショップとしての機能を引き続き充実させていきたいと考えています。

八王子キャンパス 國際交流センター

八王子國際交流センター

日々高まるグローバル化の波と日本の教育界における國際化推進に応えることを目的に設立しました。日本語予備教育課程、指導相談部門および事務グループがあり、外國人留學生の受け入れや在學生の海外留學派遣などに関する業務を行っています。現在、八王子キャンパスには、帝京大學短期大學も含めて約1,000人もの外國人留學生がおり、學內でも多くの外國語や外國文化と觸れ合うことができます。

宇都宮キャンパス 國際交流センター

宇都宮國際交流センター

國際性豊かなキャンパスをめざし、留學生と日本人學生の交流拠點として國際交流センターを設置しています。帝京大學へ入學した留學生が、國や地域を超えて仲間となりキャンパスライフを快適に過ごすために活用しているほか、日本語學習や英語學習の場として機能しています。

007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清