醫學研究科
Graduate School of Medicine
  • 板橋キャンパス
醫學研究科

高い研究能力をもつ、
醫療系人材の育成をめざします

醫學研究科は、醫師の臨床能力の基礎を培います。醫學を研究することによって研究成果をあげることはもちろん重要ですが、研究の過程を通して疾患に対する考え方や、診斷?治療の背景にある現象や事実を認識することで、醫師としての能力をさらに充実したものに育成します。

トピックスTopics

専攻Major

醫學研究科についてabout

教育目的と3つのポリシー

教育目的と3つのポリシー

醫學研究科は、建學の精神に則り、高い研究能力を持つ醫學系研究者の養成、および優れた研究?診療能力を備えた醫療系人材の養成を目的とする。

詳しく見る

研究科長からのメッセージ

國際化や科學?技術の発展に伴い醫療や保健を取り巻く環境は大きく変化しています。このような科學?技術の発展は、新たな診斷法や治療法の開発を促し、それが醫療保健の現場において患者の治療や人々の健康の維持?増進に寄與しています。そのため、社會の発展や國際化が醫學?醫療に及ぼす影響を正しく認識し、基礎的研究や臨床研究を通して醫學の進歩に寄與するとともに、最新の研究成果を醫療現場に導入し実踐するための大學院教育の重要性は高まっています。

本學醫學研究科では、建學の精神である「國際性、創造性、専門性、実學」に則り、優れた研究?診療能力を備えた醫療系人材および高い研究能力をもつ醫學系研究者を育成し、醫學の発展に貢獻することを目指しています。基礎と臨床の垣根が低く、研究と臨床の両立を目指すことが本學の特色です。基礎醫學分野でも、基礎研究の第一人者でありながら実際の診療の現場にも立つ教員から研究指導をうけることができます。臨床醫學分野では、臨床経験を積み重ねながら臨床現場における実際的?実踐的課題を見出し、それを深く追求する方法を學ぶことができます。教員の幅広い人脈を生かした、他大學?他施設との連攜も活発に行われています。國內?國際學會での発表、和文?英文の論文執筆も、大學院ならではの経験です。醫學研究が醫師の臨床能力の基礎を養い、研究の経験が醫師としての能力をさらに充実させるものと信じています。さらには、研究マインドを持った高度な専門職職業人や國際舞臺で活躍するプロフェッショナルが育つことを期待しています。

本大學院では新しい発展を図るため、2016年度より従來の5専攻から1専攻(醫學専攻)に改組しました。また、各科橫斷的な病態の解析や診療に寄與する目的で、総合病態診療學分野を新たに設けるなど分野を改編しました。醫學研究を通して広く醫療の課題を解決してゆこうとする、意欲ある大學院生の入學を歓迎します。

醫學研究科長
園生 雅弘

教員Teaching staff

教員名をクリックすると、教員検索機能による詳しい情報がご確認いただけます。(一部教員除く)
※2021年4月現在

構造機能醫學分野

基礎病態學分野

社會保健醫學分野

器官系統病態學分野

総合病態診療學分野

がん専門醫養成コース分野

007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清