研究所の概要?理念
研究所の概要?理念

研究所の理念

1931年に創立した、本學の前身である帝京商業學校では、「人格の陶冶」「実踐的教育」「體育武道奨勵」の3本柱を教育方針に據えており、中でも特に書道に関しては、「書ハ実社會ニ於ケル最モ重要ナ課目ナレバ希望者ヲ特 ニ集メ課外ニ教授シ校內展覧會等屢開催其向上ニ努力シツツアリ」と位置付け、そうした「実踐的教育」と結びつく形で書道教育が盛んに行われていました。大學設立後も、そうした書道教育に対する理念は変わらず、現在は「自分流」という建學の精神のもとに本學の教育の一旦を擔っています。書道研究所では、そうした本學における書の歴史「帝京書道」の理念を継承し、広く社會へと還元することをめざしています。

所長からのメッセージ

所長 福井淳哉
所長 福井 淳哉

1976年の創設以來、帝京大學書道研究所では本學での教育活動を中心として書道文化の普及と発展に盡力してまいりました。本學の書道教育の理念である「帝京書道」には、大學開學以前からの、80年を越える歴史と実績を誇るものがあり、今後も本學の教育のシンボルの1つとしてその理念を継承し発展させていくことをめざしています。現代のような、PCやスマートフォンの普及した社會の中では、自身の手で文字を書く機會自體が減りつつあります。そうした時代だからこそ、大學研究機関として書道を含めた文字文化の普及を推進し、日本の文字文化が誇る伝統と歴史を後世へと継承する一助を擔うことこそが書道研究所の使命であると考えております。現在、本研究所では、主に日本書道分野の研究に重點を置きながら、日本文學や歴史學など周辺諸學からの研究との連攜を進めており、初代所長續木湖山の頃より蒐集されてきた數萬冊におよぶ蔵書や、寄贈?寄託を受けた貴重な書作品?資料の調査研究を行っています。今後もそうした研究成果を展覧會やシンポジウム等の催しを通して隨時発信していきます。皆様の御理解?御支援とをよろしくお願い申し上げます。

帝京大學書道研究所ロゴ

設立の経緯

續木 敏郎(湖山)<br />帝京大學名譽教授<br />1911年~2006年
續木 敏郎(湖山)
帝京大學名譽教授
1911年~2006年

戦後のベビーブーム?高度経済成長期の影響により大學への進學率は年々増加していく中、1966年に帝京大學は開學しました。大學開學より6年の後、1972年に東京學蕓大學を退官した續木敏郎(湖山)を文學部國文學科に招くことが葉いました。續木氏は當時の書教育の第一人者であり、本學にとって、その著任は本學における書道教育を飛躍的に発展させました。
1974年には、國文學科の中に書道選修課程が新設され、教員養成を中心とした書道教育のシステムが構築され、今日まで続く本學の書道教育の柱が形成されました。そして、大學開學から10年後の1976年に、本學の文系教育?研究において、他大學と差別化を図るための特色ある一拠點とするべく、初代學長沖永荘一の意向の下に日本初の書道研究所として帝京大學書道研究所は創設されました。書道研究所は、初代所長に績本湖山を據え、これまで書學書道史?書寫書道教育等、本學における書道関連科目や、帝京大學幼稚園と連攜した幼児教育における書寫教育プログラムの監修等を行ってきました。

007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清